お茶かコーヒー?

お茶またはコーヒー

お茶やコーヒーを飲むことを選ぶとき、私たちはしなければなりません どちらかのプロパティを考慮に入れてください。 両方のカフェインの割合は同じではありません。

これらの飲み物では節度が標準であるはずですが、 それらのそれぞれが持っている利点。

コーヒーの特性

コーヒーは私たちを活性化し、私たちを目覚めさせます。 朝の一杯のコーヒーは日中の保護者として機能します。 運動後の精神的疲労感に効果があります。 研究によると、コーヒーは肺がんなどのある種のがんを予防することができます。 骨粗鬆症と糖尿病を予防します。

コーヒーを飲むことのデメリット

一部の科学者は、カフェインが不眠症を引き起こす可能性があると信じています。 コーヒーを飲む人の中にはもっと動揺して緊張する人もいるので、すべての人に等しく影響するわけではありません。 それはあなたの心拍数とあなたの心拍数に影響を与える可能性があります。

お茶のメリット

常に この飲み物は免疫バランスに起因し、神経を落ち着かせる効果があります。 それは消化を助け、またアレルギーを減らすことができます。 うつ病に苦しむ人々、ストレスの多い専門的な状況、試験時間に推奨されます。

お茶には抗酸化ビタミンが含まれています:

  • 緑、ビタミンA、C。
  • 赤いビタミンB、D。
  • 紅茶は骨粗鬆症に適しています。

お茶を飲んでみませんか?

お茶にはカフェインが含まれているため、神経質になる人もいます。 それは歯のエナメル質を汚すことができる天然色素を持っています。 ペストリーやスイーツと一緒に飲むと、その特性が変わる可能性があります。 鉄を必要とする一部の人々にとって、それはこのミネラルを吸収し、その特性を低下させるので、お勧めできません。

お茶かコーヒー?

お茶またはコーヒー

お茶にはフッ化物が多く含まれているため、過剰に摂取すると脳や腎臓に影響を与える可能性があります。 それどころか、それは心臓病のリスクを回避するのに有利である可能性があるフラボノイドを持っています。 お茶とコーヒーの両方にカフェインが含まれています。 私たちが毎日の消費量を選択するためには、コーヒーには80〜185ミリグラムのカフェインが含まれていることを知っておく必要があります。 お茶は15から70ミリグラムの間だけです。

画像ソース:


記事の内容は、次の原則に準拠しています。 編集倫理。 エラーを報告するには、 ここで.

コメントを最初に

コメントを残す

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。

*

*

  1. データの責任者:MiguelÁngelGatón
  2. データの目的:SPAMの制御、コメント管理。
  3. 正当化:あなたの同意
  4. データの伝達:法的義務がある場合を除き、データが第三者に伝達されることはありません。
  5. データストレージ:Occentus Networks(EU)がホストするデータベース
  6. 権利:いつでも情報を制限、回復、削除できます。