カスティーリャの靴について知っておくべきことすべて

男性用履物

カスティーリャの靴 それらは作成されてからほぼ1920世紀が経過しており、時代遅れになることはありません。 それらはその良い品質のために多くの場面で男性によって広く使用されています。 それらはXNUMX年にマドリードのワークショップで初めて製造されました。 これらのカスティーリャのモカシンは完全に職人であり、各クリエーターの熟練は製品のスタイルと清楚さに痕跡を残します。

カスティーリャの靴の種類と最高のものを知りたいですか? この投稿では、すべてをお伝えします🙂

二本糸で製造

カスティーリャの靴

これらのモカシンを作るために使用される革はフィレンツェです。 ツヤがあり、とても特徴的な肌タイプが違いを生みます。 他の多くのものと同様に、このタイプの輝きを嫌う人もいますが、他の人はそれを愛しています。 皮膚は矯正され、その厚さははるかに厚いです 他の履物で通常使用されるものに。 これにより、カスティーリャの履物は優れた耐久性を備えています。

このタイプの履物が他の履物よりも優れている点 快適です。 彼らは手作りされているので、各メーカーは消費者の足に適応します。 このように、それはより快適なフットプリントのために最大の快適さと快適さを提供することができます。

各職人の献身と専門知識は、履物の品質を評価する際の決定要因です。 甲の縫い目は、カスティーリャ人の質を大きく左右するものです。 縫製の技法は二糸です。 「entrecarne」シームとも呼ばれます。 カスティーリャ人はこの技術のおかげで最高の品質です。

それはXNUMX本の針とワックスをかけられた天然繊維の糸で最後に直接作られています。 すべてのステッチが重要であるため、それは非常に繊細な製造です。 それらのXNUMXつが失敗した場合、上記のプロセス全体が台無しになる可能性があります。 高品質のカスティーリャの靴を作るには、長年の経験と忍耐が必要です。 一般的に仕上がりが良いので値段も高いです。

製造プロセス

製造

これらの美しさがどのように作られているのかという陰謀にとどまらないように、少しずつお話しします。 まず第一に、これらの履物の製造の特徴のXNUMXつは前述の縫製です。 ただし、これらは本物のローファーであるため、特異点のXNUMXつです それはあなたのキオワビルドです。 この用語は、北米インディアンが履く靴に由来します。

キオワスタイルのモカシンの最大の特徴は、下部が甲と同じ革で作られていることです。 これにより、足が完全に手袋で覆われているかのような効果が得られます。

建設システムは、他のより工業的で職人の少ない生産システムと比較して、靴に大きな柔軟性を与えます。

カスティーリャの靴モデル

次に、モデルがよく見えるように、いくつかの種類のカスティーリャモカシンを紹介します。

マスク付きカスティーリャ人

マスク付きカスティーリャ人

アングロサクソン諸国ではビーフロールという名前でもよく知られています。 これは最も基本的で古典的なモデルです。 それらは最初に製造されたものであり、誰もが肉眼で認識できるものです。

タッセル付きカステリャノス

ローファーのタッセル

タッセルローファーとも呼ばれ、メンズシューズのアイコンとなっています。 それは彼らを彼らのスタイルで本物にする多種多様なタイプを持っています。 他のタイプとの違い 甲のタッセルです。

タッセルとは別の側面にパッチがある他のより精巧なモデルがあります。 これにより、デザインの品質を損なうことなく、装飾的でよりパーソナライズされたタッチが得られます。

ラバーソールカステラーノス

ラバーソールカステラーノス

カスティーリャの靴の大部分は革底を持っていますが、ゴム底を持っているものはより需要があります。 ゴムはドレッシングに関しては要件を満たすのに役立ち、はるかにカジュアルな外観を与えます。

一方、このタイプのモカシンでは輪ゴムを使用しています 各ステップで与えられる快適さを向上させます。 この材料は、あらゆるタイプの表面によりよく適応することに注意してください。

細いまたは丸い先端を持つカスティーリャ人

細いまたは丸い先端を持つカスティーリャ人

これらのXNUMXつのモデルの間に、このスタイルの靴を購入することを決定した男性のほとんどがいます。 スタイルよりも快適さを優先する場合は、ラウンドラストが最適です。 しかし、私たちに特別な感触を与える靴が必要な場合は、最後に最も様式化されたものを用意する必要があります。 細かい点は私たちの服にもっと深刻さを与えます。

お手入れとメンテナンス

カスティーリャの清掃

これらのローファーの最も頻繁な色 彼らは黒くてバーガンディです。 これらの靴を常に良い色と品質で保つために、彼らはメンテナンスとケアを必要とします。 お手入れはとても簡単ですが、忘れてはいけません。 それが作られているフィレンツェの革は、物体との摩擦に対して非常に耐性があります。 そのため、靴に傷がつくことはめったにありません。 しかし、それはいくつかの注意が必要な肌です。

最初にやらなければならないことは、少し湿らせた布でモカシンの外側をきれいにすることです。 このようにして、ほこりや表面の汚れを取り除くことができます。 次に、少量のクリームまたは靴磨きで、表面全体に薄い層を広げます。 乾かし、ブラッシングして余分なクリームを取り除きます。 ブラシをかけるほど、最終的な輝きは多かれ少なかれ強くなります。 これはすでに消費者の好みに任されています。

その便利なこと ヒールキャップとソールをチェックすることがよくあります。 修理が必要な場合は、信頼できる靴屋に行って交換することをお勧めします。 靴の修理が不可能になるため、靴に過度の摩耗を与えてはなりません。 その価格のために、理想は耐用年数またはできるだけ長くすることです。

最後に、毎日使用しないことをお勧めします。他の靴と交換してください。 カスティーリャの履物を日常的に使用すると、摩耗が増加し、視覚的な影響が減少します。 それはまるで私たちが毎日最高の服を着ているかのようです。 同じことでもうXNUMX日私たちに会っても人々はショックを受けません。

これらのヒントであなたがあなたのローファーの世話をすることができることを願っています。


記事の内容は、次の原則に準拠しています。 編集倫理。 エラーを報告するには、 ここで.

コメントを最初に

コメントを残す

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドには付いています *

*

*

  1. データの責任者:MiguelÁngelGatón
  2. データの目的:SPAMの制御、コメント管理。
  3. 正当化:あなたの同意
  4. データの伝達:法的義務がある場合を除き、データが第三者に伝達されることはありません。
  5. データストレージ:Occentus Networks(EU)がホストするデータベース
  6. 権利:いつでも情報を制限、回復、削除できます。