胃腸炎のやわらか食

マッシュポテト

胃腸炎のやわらか食が何で構成されているか知っていますか? 非常に一般的ですので、 胃腸炎の間に食事療法に集中する方法を知っていることは誰にとっても良いことです 状況が悪化するのを防ぎ、より早く回復するため。

胃腸炎の症状、やわらか食とは何か、そして何よりも知っている どの食品が許可され、この感染症に苦しんでいるときに避けるのが最善か.

胃腸炎の症状

胃

胃腸炎は胃や腸の炎症を引き起こします。 それ 腹痛、吐き気、嘔吐、下痢を引き起こす可能性があります、 頭痛 と熱。 症状は通常XNUMX週間以内に消えます。 そうでない場合は、できるだけ早く医師に相談してください。 ただし、軽度の病気なので落ち着いてください。

なぜ胃腸炎になるのですか? 単一の原因はありませんが、 バクテリア、ウイルス、寄生虫、特定の食品など、それを引き起こす可能性のあるものはたくさんあります。 ストレスは胃腸炎にもつながる可能性があります。

やわらか食とは何ですか?

白ご飯丼

やわらかい食事は胃腸炎の症状を和らげ、体が食物をよりよく保持するのを助けることができます。 やわらかい食事は、食物繊維の摂取量が少ないのが特徴です。 また、その名前が示すように、それは柔らかい食べ物を食べることを含みます。 後で、これらの食品が何であるか、そして避けるようにアドバイスされているものを見ていきます。

刺激の少ない食事は、消化器系の負担を軽減する必要がある状況で使用されます。 胃腸炎は、やわらかい食事の採用を必要とする状況のXNUMXつです。 しかし、過敏性腸症候群や憩室炎などの他の病気の治療にも役立ちます。

関連記事
地中海式ダイエット

食べ物に近づくこの方法は永遠ではありませんが、 消化器系が再び正常に機能する準備ができるまで一時的に使用する必要があります。 それは体がその機能を実行するために必要なすべての栄養素を提供しないので、それを必要以上に長く保つことはお勧めできません。 あなたがあなたの通常の食事療法に戻ることができるときあなたの医者はあなたに知らせます。 一般的に、胃腸炎のやわらかい食事は数日間しか維持されません。

最後に、 ソフトレストダイエットを伴うことをお勧めします。 他のプロセスと同様に、あなたの体は回復だけに集中する能力を高く評価します。

胃腸炎のやわらかい食事で許可されている食品

バナナ

胃腸炎を克服するために数日間の摂食計画を立てていますか? 次の食品を追加して、体が必要とする十分な水分、カロリー、必須ミネラル、その他の栄養素を確実に摂取できるようにします。 強いままでいることと回復することの両方。

  • ジュース(リンゴとブドウは優れたオプションです)
  • フルーツピューレ
  • ライス
  • 茹でたジャガイモ)
  • ゆで卵)
  • 白パン
  • バナナ
  • Aguacate
  • 注入(カフェインなし):ペパーミントを検討してください。ペパーミントは、水分を補給するだけでなく、吐き気を和らげるのにも役立ちます。 生姜はやわらかいお茶の良い成分でもあります。
  • フレッシュチーズ
  • マッシュポテト
  • クラッカー
  • 皮のない鶏肉と七面鳥(健康的な調理方法に賭ける)
  • チキンブロス:脱水症状を防ぎ、下痢や嘔吐で失われた電解質を補給します。
  • スポーツドリンク

あなたの体がリストにある固形食品の準備ができていない兆候を示している場合は、その時が来るまで液体だけに集中してください。 リストの固体については、 やわらかい食事は非常に多様であるため目立ちませんが、それらのいくつかを追加すると、朝食、昼食、夕食に食欲をそそる料理を得ることができます。 そして、それは一時的なものであることを忘れないでください。 数日で、あなたはあなたの好きな食べ物に戻ることができるでしょう。

水分補給

コップXNUMX杯の水

胃腸炎の場合、脱水症状のリスクが高まります。 下痢や嘔吐により体が水分を失いすぎる。 脱水症状は状況を悪化させる可能性があるため、上記のリストにある飲料水やその他の水分は、刺激の少ない胃腸炎の食事に不可欠です。 失われた液体は交換する必要があります。

脱水症状の兆候には、極度の喉の渇き、暗色尿、倦怠感、錯乱などがあります。 胃腸炎の際に体がこれらの兆候を示した場合は、すぐに水分補給してください。 スポーツドリンク、スープ、ジュースを検討してください...コーヒーやアルコール飲料やミルクは絶対に使用しないでください.

食べ物は許可されていません

グリルソーセージ

胃腸炎のやわらかい食事で許可されていない食品を知ることも非常に重要です あなたができるだけ早く回復するのを助ける食事計画を設計するとき。

糖分や脂肪が豊富な食品、カフェイン、アルコール、乳製品は避けることをお勧めします。 気分が良くなったときに、それらを食事に戻すことができます。 気分が悪くなる可能性があるため、当たり障りのない胃腸炎の食事から除外する必要がある食品を見てみましょう。

  • ミルク(およびその他の乳製品)
  • 全粒粉パン
  • 生野菜
  • マメ科植物とナッツ
  • 玄米
  • ベリー(ブルーベリー、ラズベリー、ブラックベリー...)
  • 全粒穀物
  • 炭酸飲料
  • コーヒー(およびその他のカフェイン入り飲料)
  • ビール、ワイン、その他のアルコール飲料
  • 辛い食べ物
  • フリッター

記事の内容は、次の原則に準拠しています。 編集倫理。 エラーを報告するには、 ここで.

コメントを最初に

コメントを残す

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。

*

*

  1. データの責任者:MiguelÁngelGatón
  2. データの目的:SPAMの制御、コメント管理。
  3. 正当化:あなたの同意
  4. データの伝達:法的義務がある場合を除き、データが第三者に伝達されることはありません。
  5. データストレージ:Occentus Networks(EU)がホストするデータベース
  6. 権利:いつでも情報を制限、回復、削除できます。