縄跳びの利点

縄跳びの利点

確かにあなたはあなたのジムで、筋肉の定義段階の間に、体重のルーチンの後に縄跳びをする多くの人々を見てきました。 縄跳びは校庭だけで行われたことではありませんが、健康に大きなメリットがあります。 私たちが目にする主な利点の中には、体重を減らし、筋肉の調子を整えることがあります。

この記事では、どちらがメインであるかを説明することに焦点を当てます 縄跳びの利点 そして欠点は何ですか。

筋肉の定義を改善するための縄跳びの利点

縄跳び

私たちが筋肉の定義の段階に入るとき、私たちの主な目標は脂肪の減少です。 この定義段階では、維持する必要があります 脂肪の減少を促進するのに役立つカロリー不足しかし、順番に、私たちは筋肉量の維持を保証しなければなりません。 これを行うには、脂肪を徐々に失うのに役立つ、持続的な毎日のエネルギー不足を長期にわたって確立する必要があります。

ウエイトトレーニングは、マッスルゲインの段階と同じくらい基本的です。 それが、私たちがエネルギー不足にある間、筋肉量を維持できるように私たちの体に与える理由です。 縄跳びには、トレーニングセッション中に余分なカロリーを消費するなどの利点があります。 それは私たちの筋肉の抵抗、心臓血管と呼吸器への抵抗を支持する私たちの心臓の健康のための非常に興味深くそして前向きな運動です。

何人かの人々、特に初心者もいます。 彼らはこの運動の定期的な練習でいくらかの筋肉の調子を整えます。 縄跳びの主な利点のXNUMXつは、それが体のすべての筋肉を同時に機能させることです。 体の上部には、腕、肩、胸筋の両方からの努力を必要とするロープの回転運動があります。

一方、下半身では、多かれ少なかれ長い間繰り返しジャンプする必要があり、筋肉の収縮が確立されます。 これらの繰り返しでは、ふくらはぎは足の先端が地面に当たるたびに良好なクッション性を保証するように働きます。 筋肉は着実に安定しており、 脂肪が失われます。

腹部については、このエクササイズの練習中にバランスを保つことができるように、良い姿勢をとる必要があると考えています。 これはあなたがあなたの腰の直径を減らしながらあなたの腹筋を少しずつ形作ることができる方法です。

敏捷性と持久力

縄跳び

脂肪減少の段階にある人だけでなく、スポーツパフォーマンスを向上させたい人にも役立ちます。 そして、ロープは単位時間あたりにより多くのカロリーを燃焼するのに役立つフィットネスアクセサリーのXNUMXつであり、それを実行するために体が大量のエネルギーを蓄える必要がある高強度の活動です。

継続的な練習はセルライトの面で良い縄跳びの利点を与えます。 私たちは絶えず直立してジャンプしているので、筋肉組織は血液循環を促進し、静脈瘤の出現や静脈の問題を防ぐ一種のマッサージを受けます。

縄跳びは、中速で60時間走るのと同じカロリーを消費する可能性があります。 つまり、体重XNUMXキロの人にとっては 700時間で約XNUMXカロリーを燃焼することができます。

敏捷性を獲得することも縄跳びの利点のXNUMXつです。 そして、最初は、腕、足、ジャンプを適切なタイミングで調整するのはそれほど簡単ではありません。 時間の経過と実際の改善により、このエクササイズを優れた品質で行うことができ、敏捷性が向上します。 あなたはまた、あなたの動きの流動性と同期を高めることができるように体の意識をとることに取り組んでいます。

これらのタイプのエクササイズの経験が多ければ多いほど、姿勢とバランスを改善することができます。

縄跳びのすべての利点を得るヒント

縄跳びのすべての利点

ロープを取り、狂ったようにジャンプするだけでは十分ではありません。 結果を最適化するためには、テクニックをうまく実行する必要があります。 次に、縄跳びのすべての利点を享受し、起こりうる怪我を回避するための一連のヒントをリストします。

  • ロープの長さは適切でなければなりません。 このロープがあなたの身長に合っているかどうかを確認するために、ロープの真ん中に片足を置きます。 グリップは肩の高さに達する必要があります。 これは、ロープの長さが身長に対して十分であることを確認する方法です。
  • 私たちは自分自身を良い姿勢に置かなければなりません。 つまり、骨盤はしっかりしていて、足は足の関節の上でわずかに曲がっている必要があります。 このようにして、膝の効果的な伸展を回避します。
  • 弦の移動を担当するのは手首だけです。 腕で動かしてはいけません。 動きをそらし、筋​​肉に過負荷をかけるだけです。
  • 大きなジャンプの前に小さなジャンプをすることを優先する必要があります。 これは、より多くのカロリー燃焼のためにこの運動をより長く実行できることを保証する方法です。 大きなバッグを使用すると、すぐに疲れてバランスを失う可能性があります。
  • いくつかの運動の難しさを追加するために、より重いグリップまたは加重アンクレットを持ついくつかの縄跳びを取ることができます。

このタイプの運動の欠点のいくつかは、関節に影響を与えることになると強い影響を与えることです。 これにより、最終的には脚の一部、特に膝や腰を傷つける可能性があります。 衝撃を吸収できる靴を履く必要があります。

この情報で、縄跳びのさまざまな利点についてもっと学ぶことができることを願っています。


記事の内容は、次の原則に準拠しています。 編集倫理。 エラーを報告するには、 ここで.

コメントを最初に

コメントを残す

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。

*

*

  1. データの責任者:MiguelÁngelGatón
  2. データの目的:SPAMの制御、コメント管理。
  3. 正当化:あなたの同意
  4. データの伝達:法的義務がある場合を除き、データが第三者に伝達されることはありません。
  5. データストレージ:Occentus Networks(EU)がホストするデータベース
  6. 権利:いつでも情報を制限、回復、削除できます。