タイノットの種類

タイノットの種類

エレガントな服装が好きな男性のために彼らは持っています ネクタイと結び目の種類の最高のバージョン、 彼らは彼らの服に適用することができます。 それらはすべて同じように見えますが、それぞれ 彼らは独自のバージョンを持っています そしてそれを行う方法。

私たちはそのすべての形が好きで いくつかはあまりにも具体的です 非常に一般的な性格や特別な機会のために。 あなたはそのネクタイの結び目を選ぶことができます あなたとあなたのスタイルに合っています。 また、方法を学ぶことができます 複数の結び目を結ぶ 常に同じことを形式化して最後に行くとは限らないように。

ネクタイは何世紀にもわたって男性に服を着せてきました

彼のスタイルと貢献は常に優雅さを与えてきました、そしてそれがそれが男の服で決して除外されなかった理由です。 1660年に登場 イタリアに美しい本社を置き、すべての芸術の創設者です。 当初はフランスで首に巻いたスカーフとして使用されていましたが、後にはすでにそのスタイルに革命をもたらしました。

今日、私たちは観察することができます 首に結び目がある典型的なネクタイ そして、その美的タッチを与えるために、この結び目の下に広がる大きな長いストリップがあります。 今ではそのファッションです それは世界の隅々に報告されています そしてそれはエレガントまたはカジュアルなスタイルで与えることができます。

標準の結び目が付いている古典的なネクタイ

タイノットの種類

berecasillasgranada.comからの写真

それは古典的なネクタイです 私たちが見慣れているもの、すべての社会階級とほとんどすべてのモデルに最もよく知られているもの。 彼の外見はその古典主義を与えており、明らかに彼のスタイルを疑うことはありません すべての店舗に表示されます。 彼のネクタイは幅7センチで、シャツのボタンを覆うように届き、ウエストの部分を供給していません。

その結び目はほとんどすべての首に見られるものであり、それを形成するために、次の手順に従います。

  • 両端を正面に向けてタイを配置します。 狭い部分を右に、広い部分を左に配置します。
  • 広い部分を狭い部分の上を右に通過させ、左と後ろに回します。
  • 同時にそれを上げ(後ろに続きます)、それを上げ、同時に下げて、結び目の中にはめ込みます。
  • 両端をしっかりと押さえながら、両端を引き下げて結び目を締めます。

ウィンザーノットネクタイ

タイノットの種類

corbatasstore.esからの写真

この結び目はそれらにぴったりです 広くて厚いネクタイ。 それは他のものと非常に似ている結び目の外観を持っていますが、それは気付かれることでしょう 中実の三角形の形をしています。 その名前は、この種の結び目を完璧に表現したウィンザー公爵にちなんで付けられました。

  • ネクタイを首にかけます。 XNUMX本のタイストラップは横に倒れる必要があります。 狭い方の端が右に、広い方の端が左になります。
  • 幅の広いストリップを幅の狭いストリップの上に通し、後ろに通してから再び前方に通し、右に回します。
  • 私たちはそれを再び渡し、それを登らずに左に回します。
  • これで、それを持ち上げて結び目に近づけることができますが、下に向けて左に回します。
  • 結び目をカバーするために周りを回る必要があります。右に回してそのターンを回し、最後に戻って持ち上げます。
  • 上部に来たら、結び目から入り、セット全体をしっかりと締めながら下にスライドさせます。

ダブルアメリカンノットネクタイ

タイノットの種類

mariajosebecerra.com

このタイプの結び目は単純な結び目と非常に似ていますが、 結び目でそれをXNUMX倍にします。  ネクタイを首に巻いて両端を下ろし、右側が一番広いです。

  • 広い部分を左に、もう一方の端を通過します。
  • 後ろに回して、もう一方の端を通り、左に回します。完全に回転させて前に通し、後ろからもう一度通します。
  • 戻ったら、上部の幅の広いストリップを上げて下げ、結び目に入るようにします。 ここからはめ込み、結び目全体を締めます。

セントアンドリューの結び目で結ぶ

タイノットの種類

tieslester.com

それはです 結び目 ミディアムサイズ もう少しボリュームがあります 従来の方法より。 それは本当に対称的に見え、もうXNUMX回転するという点で単純な結び目とは異なります。

  • 首の両側に配置されたXNUMXつのストリップから始めます。 幅の広いものを左側に配置し、幅の狭いものの後ろにXNUMX回転させて、前方と左側に回転させます。
  • 左側に配置し、正面と上方から通過させ、形成されている結び目の後ろに下ろします。
  • もう一度落とし、右に曲がって前に渡します。 右から上下に移動します。 それが再び落ちるとき、それは結び目の間に入る必要があり、そこで私たちはそれがしっかりしたままになるように締めます。

記事の内容は、次の原則に準拠しています。 編集倫理。 エラーを報告するには、 ここで.

コメントを最初に

コメントを残す

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。

*

*

  1. データの責任者:MiguelÁngelGatón
  2. データの目的:SPAMの制御、コメント管理。
  3. 正当化:あなたの同意
  4. データの伝達:法的義務がある場合を除き、データが第三者に伝達されることはありません。
  5. データストレージ:Occentus Networks(EU)がホストするデータベース
  6. 権利:いつでも情報を制限、回復、削除できます。